トップページ > アルジルリン > アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)のたるみへの効果は?

アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)のたるみへの効果は?

アルジルリンはたるみに効く成分なの?

アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)はペプチドの一種で、塗るボトックスといわれる成分です。

筋肉の収縮は神経伝達物質によってコントロールされていますが、その神経伝達物質にはたらきかけて、筋肉の緊張を和らげるのがアルジルリンの働きです。

筋肉が緊張し凝り固まっていると、しっかりと脂肪を支えることができないためたるみが起こってしまいます。

アルジルリンは筋肉のコリをほぐすことで、脂肪を支えてたるみが生じないようにしてくれる成分なのです。

アルジルリンだけ配合されていてもダメ!

アルジルリンがしっかりと役割を果たすためには、保水力のある肌が必要不可欠です。肌の保水力を高め、かつ、アルジルリンと相性の良い「ヒアルロン酸」「ダイズタンパク」を同時に肌に与えることが大事です。

アルジルリンはたるみに効く成分なの? アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)はペプチドの一種で、塗るボトックスといわれる成分です。 筋肉の収縮は神経伝達物